虎に翼 第23話 あらすじ・ ネタバレ・キャスト・見逃し 配信 動画 くんまとめ ♥

虎に翼 第23話 あらすじ・ ネタバレ・キャスト・見逃し 配信 動画 くんまとめ ♥

虎に翼 第23話 あらすじ・ ネタバレ

あらすじ

検察の取り調べに耐えかねたと認めた直言(岡部たかし)だが、証言を覆すつもりはないと言う。

弁護人の穂高(小林薫)は寅子(伊藤沙莉)をある場所に連れて行く。

検察の取り調べに耐えかねたと認めた直言(岡部たかし)だが、証言を覆すつもりはないと言う。

穂高(小林薫)は寅子(伊藤沙莉)を共亜事件に関わる弁護士たちに紹介。寅子らが確認した調書内容の誤りを軸に、無罪を主張しようと提案する。

寅子は帝都新聞の記者・竹中(高橋努)に記事にしてほしいと依頼。

竹中は危険なマネをするなと寅子に忠告するが、寅子と花岡(岩田剛典)に怪しい男たちの手が伸びる。

ネタバレ

朝雨は女の腕まくり?

穂高: 俺、依頼人の無実を主張するつもりだ。

他の弁護士たちは、唸ってばかり。

寅子: 唸るのはわかる。これまでずっと授業で勉強してきたからね。でも、それは真実を見ない理由にならないはず。法は正しい者を守るためにあると、私は信じてる。

穂高が寅子を弁護士に紹介した。

寅子(伊藤沙莉)は、仲間たちと一緒に調書の写しを各弁護士事務所に持って行った。そして、検察の矛盾を見つけるために努力し続けた。

特に大きかったのは、涼子(桜井ユキ)の父が若島大臣の訪問記録を手に入れたことだ。検察が主張する日、直言(岡部たかし)が大臣邸を訪れた記録はなかった。

寅子たちは、すぐに穂高(小林薫)に訪問記録を渡した。法曹会館を出たところで、たまたま帝都新聞の竹中(高橋努)に会った。

寅子: 以前、明律大学女子部に取材に来てくださった方ですよね。私の父が共亜事件の被疑者の一人なんです。少しでも父の印象がよくなるように取材してください。

竹中: なるほど。そんなことならば、まあ許す。

しかし、同じ場所にいた別の新聞記者が寅子を取材した。そのため、「父の無罪を信じる女子法学生」という見出しが新聞に載った。

それでも、竹中の言葉通り、世論は大きく変わらなかった。直言も同じだった。

穂高: 寅子くんも必死なんだろうね。どうだい。

直言: 証言を変えるつもりはない。

直言の態度は頑なのままだった。

新聞記事を読んで、寅子(伊藤沙莉)の後輩たちが署名活動を始めた。署名活動で裁判官の心を動かせるかもしれないと考え、寅子は署名活動に奔走する。

花岡(岩田剛典)と寅子が署名活動をしていた。その帰り道、寅子は後ろをつけられていることに気づく。

花岡: 何かが後ろをつけてる。

寅子はびびりながらも動けなくなっている。そこで花岡が、寅子の手を引いて強引に逃げる。2人組の見知らぬ男が寅子に襲い掛かろうとする。

そこで助けてくれたのが、竹中だった。男たちを取り押さえて、カメラで写真を撮る。すると、男たちは逃げていった。

竹中: 言ったろう。こういう事件に首を突っ込むのは、危ないって。

そして、竹中は寅子にアドバイスをくれた。

竹中: 共亜事件が内閣総辞職につながったのではなく、内閣総辞職をさせたい貴族議員・水上淳三郎なんかが事件を起こしたんじゃないか。ただ、お前がピーピー騒いだって、どうにもならない。これ以上、動くと大変なことになるぞ。

寅子は納得いかなかったが、穂高たちにまかせることにした。

穂高: あとは、俺たちに任せなさい。花岡くん。彼女を頼むぞ。

1936(昭和11)年、1月。16人と弁護士が一堂に会して第一回の公判が始まった。

寅子: あとは、裁判官たちの良心を信じるしかないね。

はる: 良い判決が出ますように。

そこに入ってきた裁判長の1人は桂場(松山ケンイチ)だった。

寅子: 終わった。

はるは、うなだれる。

開廷後、直言への質問からスタートする。直言は再び留置場のような経験をしたくないと思って、怖くてしゃべれなくなった。

顔が青くなり、医務室に連れて行かれる。

竹中: そんなんじゃ、また娘さんが暴漢に襲われるぞ。

寅子が竹中をにらみつける。

医務室に入った直言は、穂高に怒り出す。

直言: そんな重要なことを隠すなんて。

穂高: 隠したくなるのは当然だろ。今の彼女が子供としての行動をとれると思うか? あとは俺たちに任せてくれ。ちゃんと仕事はする。

直言: 怖いんだよ。あいつらに逆らうのが。またあの場所に戻るのが。

穂高: そんなことは絶対にさせない。断じてだ。

虎に翼 キャスト

【出演】伊藤沙莉,石田ゆり子,岡部たかし,仲野太賀,森田望智,上川周作,土居志央梨,桜井ユキ,平岩紙,ハ・ヨンス,高橋努,平山祐介,小林涼子,安藤輪子,羽瀬川なぎ,名村辰

予告

見逃し 配信 動画

SNSから Twitter(X)、Instagram

(Visited 23 times, 1 visits today)

You Might Be Interested In